HOME | 神社豆知識

神社に関する豆知識クイズ

~意外と知らない神社のこと、ちょっとだけ学んでみましょう~

A1 ③古代メソポタミア

 

 

 諸説ありますが、狛犬の起源は古代メソポタミアで神域を守る百獣の王・ライオンの像であるとされます。
 ここから西にエジプトに行くとピラミッドを守るスフィンクスになり、東に行くと唐草模様が装飾されたり、高麗犬と呼ばれたり、沖縄ではシーサーになったりと、地域の特徴を備え変化しながら、日本に伝わってきたと考えられます。
 その役割は、神さまのお使いとして神域を守り、邪気を祓うことを担います。
 また、狛犬の表情は地域によって実に多様です。一般に向かって右側の狛犬が「阿形(あぎょう)」で口を開いており、左側の狛犬が「吽形(うんぎょう)」で口を閉じていて、右が雄、左が雌で子供を抱いていたりするものもあります(※ 阿吽の呼吸)。

A2 〇

 

 

 現在もそうですが、ご神前にはその土地で収穫された物を中心にお供えされます。
 私たちは祖先の時代から豊かな自然に育まれて暮らし、秋になると米の稔りに感謝をして刈り入れた米を神様にお供えしました。こうした信仰に基づき、米を白紙に包み「おひねり」としてお供えするようになりました。その後、貨幣の普及とともに米の代わりに、金銭をお供えするようになります。
 そもそも米は、天照大御神がお授けになられた貴重なものとされ、人々はその大御恵(おおみめぐみ)を受け、豊かな生活を送ることができるよう祈ったのです。
 金銭をお供えすることも、この感謝の気持ちにかわりません。ご自分の気持ちを表して、お参りしましょう。