☆夏越の大祓について

 6月23日(日)15時より、半年間の罪穢れを祓う大祓式を拝殿で行います。
 どなたでも参列できます。
 事前に社務所受付にて、形代をお受けください。
 形代にご自分やご家族のお名前を記入し、手や足などを擦ることで、罪穢れを形代に移し、初穂料を添えて大祓式まで(当日でも構いません)にお納めください。
 

☆【厄除祈願について】

 厄年の年齢は、人の一生の中でも、体力的、家庭環 境的、あるいは対社会的にそれぞれ転機を迎える時でもあり、災厄が起こりやすい時期として忌み慎まれています。
 その年に当っては、神様のご加護により災厄から身を護るため、神社に参詣して厄除祈祷が行われます。
 厄年は、数え年(産まれた時に1歳、それ以降正月を向える度に1歳年齢を重ねる数え方)の男性が25歳、42歳、61歳。女性が19歳、33歳、37歳で、その前後の年が前厄、後厄と称しています。
 
 


瀬田玉川神社 十二御祭神月詣御守・月詣御朱印の頒布について

~そうだ、月詣りをはじめよう~

 瀬田玉川神社には、主祭神である大国主命・少彦名命・日本武尊をはじめ、明治期に合祀されたたくさんの神々が祀られています。
 その神々のご神徳にあやかるため、神々ゆかりの宝物などが書かれた御守
(御祭神に関する詳しい由緒つき)と金の神紋入り御朱印を頒布します。
 月詣御守は、当月中に授与所か社務所の受付(インターホン押す)でお受けください。
 月詣御朱印は、1日限定頒布とさせていただきます。
 十二種類の御祭神御守を全てお揃いになられた方には、記念の品を差し上げます。
 毎月表の宝物などの絵が変わります。白地に大きな「鎮守の杜」をイメージした神紋が入っています。

〈5月(皐月)は、 神功皇后の御守〉

 


【神社de献血 開催のお知らせ】

 令和6年2月18日(日)、第8回地域献血活動を実施しました。
 毎回、多くの皆様のご協力に、優しい心に、厚く感謝申し上げます。
 日本赤十字社の皆様からも、この地域の皆様の協力体制に感謝の言葉をいただいております。
 次回は、令和6年7月21日(日)に実施します。
 引き続きご協力のほど、お願い申し上げます。
 


HOME | 最新情報 NEWS